カナダで放送された福島原発の特集番組(1) – Nuclear Aftershock

[[しばらく断即的に修正します]]

Nuclear Aftershock

http://www.cbc.ca/passionateeye/episode/nuclear-aftershocks.html
TV放送から30日間(2012年4月10日頃まで)、WEBにて視聴可能。ただし、カナダ国内のIPからのアクセスが必要そう?。
http://www.google.co.jp/search?q=canada+proxy
http://www.google.co.jp/search?q=プロキシ 設定方法

# は私の補足事項です。

放送日時
Saturday, March 10, 2012 10:00 PM ET/PT on CBC News Network
Sunday March 11 at 11 pm ET on CBC News Network

番組と権利
Producer / Director
Jon Palfreman

Correspondent
Miles O’Brien

Writers
Miles O’Brien & Jon Palfreman

A FRONTLINE production with the Palfreman Film Group
(c) WGBH Educational Foundation 2012

ナビゲーター
Miles O’brien
Correspondent

登場人物と流れ
Prof. Ron Ballinger
MIT, Nuclear Science & Engineering

日本について

NEIL TODREAS
Prf. Emeritus. MIT Science & Engineering

Hiro Hasegawa
Spokesman, Tokyo Electic Power Co.

15分から 事故後6週間後の現場の映像

Shigeharu aoyama
Japan Atomic Enery Commission

吉井英勝

koji minoura

22分から 事故4ヶ月後の映像

Gen Suzuki
Radiation specialist, Nuclear Safety Comm.
年間20mSvに上げた結果のリスクについて
0.2% 寿命ののリスク
30.2% 癌の増加リスク

福島付近の一般人の方A

福島付近の一般人の方B

Charles Ferguson
Pres., Federation of American Scientists

デモの映像

分頃から ドイツ

ドイツの一般人の方A

ドイツの一般人の方B

Prof. Claudia Kemfert
Dir., German Inst. of Economic Research

Klaus Topfer (oの上に点が2つ)
Ethics Comm. for a Safe Energy Supply

ドイツのソーラー発電と風力発電の映像

Hermann Alebers
Pres., German Wind Energy Assn.

James Hansen
Dir., NASA Goddard Institute for Space Studies

Gregory Jaczko
Chmn. Nuclear Regulatory Commission

36分頃から 米国

ネブラスカ州の洪水

David Lochbaum
Union of Concerned Scientists

North Anna の地震による原発停止の件

Fire Protection
47基の原発

Line Syke
columbia university geologist

Charles Ferguson
Pres., Federation of american Scientists

53分頃から 日本

番組のしめのコメント。
And perhaps the most significant for japan is this…
Because of public opposition.
Only 6 nuclear reactors remain operational.
By may, experts estimate every one of japan’s 54 reactors will be shut down.

そしておそらく日本にとって最も重要なのはこれです…
国民の反対のため。
わずか6基の原子炉が稼働しています。
専門家は5月までに日本の54の原子炉が一つ残らずシャットダウンされると推定しています。

# 2012年3月11日時点の稼働は2基です。

突っ込みがあった内容
(1) 日本 東電が津波への十分な対策をしていなかった事に関して
ナビゲーターの質問:
He published this infomation 20 years ago. Why was that not considered at Fukushima?
TEPCOのスポークスマンの回答:
We don’t know, but I heard that, you know, TEPCO and people in the education have been talking about you know, considering that tsunami also.
But I heard that we were in the process of considering that, But you know, this accident occured during that process I think.
(2) 日本 年間20mSvに関して
(3) 世界 原発以外の発電におけるCO2排出に関して
(4) ニューヨークに一番近い原発で事故があった場合の避難に関して
非常用

突っ込みがなかった内容
突っ込みがなかった内容
(1) 原発平常運転時の、原発の労働被曝、海水や河川水の上昇、トラブル時のベント、汚染水漏洩
(2) 日本のマスコミの報道内容
(3) 現時点まで続く日本政府の施策(年間20mSv以外について)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です