バンクーバー長期滞在の際に持って行った方が良い物

長期でバンクーバーに滞在する際に、日本から持って行った方が良い物のリスト。
特に、かゆいところに手が届く系の物や、特殊繊維やデザインの良い物は、バンクーバーでは手に入れにくいか、そもそも物が存在しません。

  • B5、A4サイズのノートPC。拡張バッテリー。店頭にはデカいノートかネットブックしか置いてません。希にVAIOもあるけど値段がとても高い。
  • eneloop スティックブースター、ネックウォーマー、充電式カイロ、ポータブルウォーマーなんて便利なものは存在しません。
  • ユニクロのヒートテック。そんな気の利いた繊維の服は売ってません。
  • 無印のモコモコで温かいルームシューズ。ありそうなのに意外に見つけられません。
  • SUSUの折りたたみ傘ケース。こんな便利なものありません。
  • ポケットドルツ。そんな洒落た物はありません。ソニッケアはあります。
  • 高耐久すきま用LANケーブル。WiFi嫌いの家にホームステイする場合は必須。日本でしか手に入りません。
  • 炊飯器。日本の2倍出せば最新型は手に入りますが選択肢は少ない。日本と同じ値段だと30年前の炊飯器しか買えません。
  • 日本産の米。ほぼ米国産しか手に入りません。空輸は手間と時間がかかる上、原発の関係で面倒な事になるので、手荷物を満タンにして持ってくるのが吉。
  • 180cm以上の男性向け、カジュアルなロングコート。物自体が存在しません。ショートが多い。長い物でもミドル丈まで。長いものはダサいスーツ向けのペラペラコートか、スポーツ系のモコモコジャケットのみ。生地は悪くてもZARAで我慢か、Burberry。それ以外に選択肢なし。
  • 洒落た文房具。文房具はありますが、洒落た物はありません。

持って行かなくて良い物。

  • 日本食材。少し高い(1.2倍~2倍)ですが、日本産の米以外は全て手に入ります。
  • ダイソーで買えるもの。リッチモンドのショッピングモールに大きいフロアのダイソーがあります。日本のダイソーにあるものは一通りあります。日本のお菓子も置いてある。ただし2ドル。
  • 1ドルショップで買えそうなもの。

その他、便利な物。

  • クワイアットコンフォート15。飛行機でリラックスできます。ホームステイの場合、たいていの家庭では夫婦喧嘩があるので、あるとストレスにならずに済みます。成田空港中にも売っています。へたに日本の電気屋で買うより安い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です