改善?効率化?→最適化

「改善」だの「効率化」だの言われているが、実は「最適化」という言葉の方が適切。

「改善」と言われると「現状や今の手法が悪」と言われているようで嫌なイメージを与える。しかし、その時点ではそれが現実的最適解だった。ただ今の環境が変化した為に今の環境に合っていないだけ。だから、今の環境と1、2年先の環境を考えて最適化をすれば良い。つまり、「今までの方法」が悪ではなく、「最適化を行う時間を割かなかったこと」が悪ということ。時間を割く決定権者の怠慢を責任転換してるようではダメなのさ。

「効率化」はやりすぎに気をつけないとダメ。「最適化」という言葉に置き換えるとわかりやすい。最適化すると、想定内のことには最適な反応ができるが、想定外のことには対応できなくなる。つまり、効率化しすぎると変化に対応できなくなる。

「改善」「効率化」→時間短縮→人件費削減 という単純思考に陥る人にはこの考え方が必要。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です