日本のソフト業界のイメージ – 就職活動をする学生へ –

大抵、皆自分の今と未来の事で手一杯なので、自分にとって過ぎ去った事=次の世代に少し役に立つことなど語ることは少ない。が、少し良い傾向になってきたので書いておこうと思う。もちろん、業界全部が分かるわけではないが、自分の職場だけではなく友人や知り合いから耳にした職場の現状も踏まえて少し。

就職活動をする学生に言っておきたいことは2点。

  • この業界への評価としては現時点の学生の感性の方が正しい。
  • 本番に弱い人、基礎能力の低い人は就職活動は上手くいきません。

まず1点目について、
IT業界のネガティブイメージ – カレーなる辛口Javaな転職日記
J-CASTニュース : 「化粧のらない」「結婚できない」 IT業界就職不人気の理由
魅力回復は道遠し? ITサービス業界、学生の人気が低迷?ビジネス-最新ニ
IT業界不人気の理由は? 現役学生が語るそのネガティブイメージ

会社側のイベント、つまり会社説明会や就職斡旋企業のイベントやテレビで社員のネガティブな部分の本音が語られることはまずない。語られるのはポジティブな部分の本音発言と建前発言だけ。本音を聞きたければ、匿名のブログやこの業界からドロップアウトしていて自由な発言ができる人の言葉を探した方がいい。
ただ、同じネットだからといって、2chの情報を鵜呑みにはしないように。犯罪レベルでなれば匿名性が確保されているゆえ、本音を書き込む人は多い。ただし、商売敵の書き込みや、一方的な恨みで書いている者もいる。とは言え、少しも火がないところに大量の煙は上がらないので、個々の細かい要素が本当かどうかは別として、大局としては現状を正しく表している事は多い。
本音を書いてそうな匿名ブログにコメントで質問するのが一番本音を聞ける方法かもしれない。家族や知り合いに聞いても良いが、見栄がある人の場合は本音が語られることはない。重要なヒントはもらえるだろうが。

さて、このネガティブなイメージについて、なぜ「少し良い傾向」と書いたか。
需要と供給のバランスが適正なバランスにならないと適正な待遇にはならない。ということなのである。つまり、会社側は、IT業界に異常に人気があると、どんな悪条件で募集をかけても、どんなに悪条件で雇っていても、人がくるので、それでOKだと思ってしまう。
「辞めたい?じゃ辞めれば。代わりはいくらでもいるから?」
「新卒の3年以内の離職率が高いんです。→また新人が入ってくるから大丈夫。」
仕事は大変でも、新しい人がまた集まるから、まともな待遇にはならない。
ここで、応募側の学生が適切な情報と価値観を持つことにより、そのバランスが適正になるのである。

実際、最近そのバランスが適正に近づき、上の様な態度を会社が取れなくなってきたので少し焦っているだけなのだ。(要因としては少子化もプラスされてるけど。)

元々、ソフト業なんて趣味の範囲が被る人でなければ割りが合わない仕事で。儲かるからというイメージを理由に来る業界ではない。ただし、経営側の視点から、マージン業として考えた場合は確かに儲かる業界。

A.最終顧客と直接取引をし最終的なサービスやモノを提供する会社、メインは方針決定と調整にマネジメント(規模の大きな仕事を分割して下請けに外注)。(マトモな会社は少しマージン業。ナンチャッテな会社はモロマージン業)
B.実は偽装派遣な会社。使い捨て(*1)。(モロマージン業)
C.実際に動くコードを書く会社。(非マージン業)

ソフト業界は色々な分野があるのにそれを一緒くたにしてる時点で未だにダメダメ。
「創作和食」「会席料理」「寿司職人」「イタリアンシェフ」「フレンチシェフ」「パテシエ」「ショコラティエ」
料理を作るという意味では同じでも、必要な技術や環境、お客の目的や好みは全部違う。
日本のソフト業界大手は未だに建築業界のコピー方式がメイン。それで上手くいくのは一部の分野だけなのに。
その点については、ソフトウェアの仕様書は料理のレシピに似ているや、SEはメニューのないレストランのウェイターか?を読めば分かりやすい。

長くなったので、2点目については後日。

(*1)丁度良い記事があったのでリンク→ソフトウェア開発における初心者

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です